今後の出版予定について

黒田出版プロジェクトですが、昨年は「カルトゥーシュの使い方 日本語訳完全版」、今年は「カルトゥーシュカード」とカルトゥーシュシリーズをリリースしたのですが、これで終わりではありません。

「カルトゥーシュカードの使い方~」P216に書いてありますように、カルトゥーシュシステムに影響を与えた数秘術があるので、その元本を出そうかと。そうすれば、カルトゥーシュが考えやすくもなるし、応用もたやすくなるかな? と思っています。この本、またしても英語でして、訳本出版となります。
あ、カルトゥーシュで使われている数秘術は、生命の樹に沿ってケテル・コクマーが配される、いわゆるカバラ数秘術だと思っている方がいるのですが、全く違いますですよ! ご期待ください!!

それと、、カルトゥーシュカードを使った、お守りの手法「タリマントラ」について書かれた、ブックオブタリマントラ という本があるのですが、そちらの権利も取得しているので出そうかと。この本もカード理解には必要な一冊ですね。プタハはロマンスの神様なんて、この本読まないと分からないだろうですし。
これも訳本になります。これは体裁の問題(カードをどうするか??)もあるので、来年には。

くれぐれも黒田に「いつ出すんですか?」とか聞かないようにお願いします。
(まーったくほんとダメでorz)

カルトゥーシュ講座ですが、簡単講座や本講座だけではなく、カルトゥーシュの理解を深めるための公開講座(数秘術とか占星術、ヒーリング)みたいなものも今後やろうかと思っていますので、よろしくお願いいたします。

今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す