カルトゥーシュカード本講座1期修了

カルトゥーシュカードの本講座が、昨日1期目が修了しました。といっても授業自体は2月最終週に終わりまして、仕上げの宿題を3月中に出すことになっていたのですが……震災の影響(地震で家中ぐちゃぐちゃ、計画停電、親戚が被災などなど)でそれどころではみなさんなくなりまして、のびに延びたのですが、ようやく先日、皆さん宿題を提出 → 修了となりました。

最後の宿題は、隣の人の今年を占う、というものでしたが、カンニングを少々したとはいえ、講座修了時の4ヶ月前よりもうまくなったのは驚きました。すべての占いを習得するのに言える事ですが、意味を丸暗記しただけではダメで、カラダにそれを吸収させて自分のものにすることが大切です。それには、占いだけを勉強したのではダメで、自分の感性を磨くことも大切。4ヶ月という時間と、震災の影響をそれぞれ違う角度で受け止めたことで、上手くなったのかな、と思います。本講座は終わりますが、その後は不定期で単発講座を開催して、カルトゥーシュの研鑽をする場を提供する予定です。それだけではなく、カルトゥーシュを縁に年齢や仕事などの枠を超えて友達ができてくれたらな、と思っていますので、黒田がうまく音頭を取れるよう、がんばりたいと思います。

ということで、現在進行中なのが2期講座。6月で早いもので3回目が修了し、後半戦に入ったところです。今回はカルトゥーシュ歴20年という方もお見えになっているのですが、いままでの癖が抜けきれず、なかなか苦戦しているようです。黒田も、ホープ女史の本当の本に出会ったとき、なかなか旧訳本で覚えた癖が抜けきれず苦戦。開発者に聞いたり、ホープの本を読んだりして、ようやく克服しました。そういえば、海外のカルトゥーシュMLに参加してもいました。日本からは私だけ。占い方や瞑想法、シリウスと猫、エジプト神との関係など、かなり5次元、いや6次元な内容で理解不能に陥ることも。きっと「ホープ女史の理論についていけない、バカな東洋人」と思われていたに違いありません。

あれから10年、そのバカな東洋人もようやく内容を理解できたようで、ホープ女史ご指導のもと、日本でカルトゥーシュカードを教えていますよ。そんで、今度はカード印刷ですよ!
10代の頃の予定だと、30代半ばの今頃は一級建築士と土木施工管理士を取っていて、ブイブイ建物建てているはずだったのですが……人生何が起こるか分からないとはよく言ったものです。
予定と現実が違う今日この頃、来週にでも印刷屋に行ける時間を作らねば。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
カルトゥーシュカードと本の販売はもうちょっと待ってください。

カルトゥーシュ本講座は次回、10月から半年間を予定しています。
ご希望のかたは、簡単講座を受けた方が対象となります。スカイプで個別に行っていますので、こちらをお申し込みくださいませ。

上記カルトゥーシュ講座に関するご案内はこちらに。

コメントを残す