カルトゥーシュ本の値段決定と著作権について

カルトゥーシュ本の値段が決まりました。3000円+税です。この中から100円が、寄付になります。

一般的には高めですが、これでいくことにしました。占いの自費出版の世界では安めだと思います。これで勘弁ください。

本当は、原価を考えるともうちょっと高くしたいのです。しかし、これ以上になると手が出にくいだろうし、カードのほうもありますから、このくらいに価格を抑えないとダメだろうな、という結論に達しました。カードとセットで5500円と、安くはないお値段ですが、損はさせない内容だと自負しています。

安く出すのと引き替えに、以下の約束は守ってください、というお願いをします。
特にプロの方、よろしくお願いします(m_m)

この本や配っている意味表を参考に、有料で占い相談を受けることはOKです。諸先生方の書かれた占い書を私もさんざん参考にさせて頂いており、そこは還元しないといけませんので、どうぞ有料鑑定の参考で使えるのならご活用ください。ただし、カードについてクライアントさんに聞かれたとき、口を濁さず「カルトゥーシュカードって言って、黒田さんて人が本を出しているよ! それ読んでね!!」と言ってくださると幸いですし、「黒田さんが教えてくれるよ!」とさらにいってくださると、さらに感激です。今後、カードと本が絶版になるか否かは、これにかかっていると言っても過言ではないかも!? 自費出版なんで厳しいんです。ホープ女史のためにも、よろしくお願いします。

カードの絵だけではなく、カードの意味を記した印刷物を出したり、WEB等に出すことは、私並びにWEBサイトでの表示の権利を有している会社に接触します。検索すると……カードの名称を書かずに意味だけ書いてあるサイトさんがありますが……著作権での例外を除きまして、このような行為はご遠慮ください。

また、呼び名はどうであれ、カルトゥーシュカード(原著:CARTOUCHE CARDS)を有料で教えることは、2010年6月をもちましておやめください。昨年12月からいままでを黙認期間とし、私だけではなく他の方も教えられるような方法を探りましたが、難しいという結論に達しました。急で申し訳ありませんが、ご了解いただき、生徒さんにも説明をお願いします。ただし、無料でお友達に教えている場合、魔術の理にかなった行為ですのでOKです。本が出る7月以降もなさって結構ですし、私の訳書でよろしければ教材としてお使いになってください。

じゃあ、誰が有料で教えられるのか? ですが、黒田と黒田が許可を与えた方が行えます。現時点では黒田だけです。カードの使い方についての簡単なセミナーは、現在スカイプで個別に対処しています。これはさわりのセミナーですが、本格的なカードのセミナーは、本が出たあと行います。諸先生方に「おまえにそんな実力があるのか?」と思われるのを承知での行為ですが、お手柔らかにお願い申し上げます(m_m)

ということで、いま赤ペンはアイロンがけのとこころです。偶然現実でも、今日、アイロン掛けをしました。シンクロニシティってやつです。

コメントを残す