【重要なお知らせ】カルトゥーシュカードの翻訳権について

 数日前より、重要なお知らせがある、と言ってきましたが、別に今日発売のアンアンに、ちゃっかりクロダが載っている! という内容ではありません。

カルトゥーシュカードに入っていますブックレット、及び解説書 THE WAY OF CARTOUCHE の日本語での独占翻訳権を、11月1日より私、黒田聖光が受けることになりました。

いやー、取得まで道のりは長かったです;;
4月より、権利を有しいるオスタリス社様と交渉を開始したのです。先方様も、「黒田だったら譲ってもいい」と即答してくれたのですが……日米間の時差の問題や、先方のパソコンが壊れるなどあり難航しました。一番大きかったのは、細かい権利関係の条項を詰めるのに、思うよりも時間が掛かってしまったことです。
双方の弁護士を通している関係で、こちらの作った契約内容に相手の弁護士がつっこみを入れる → こちらは弁護士と作戦を練って修正する。といったことを幾度も行いました。
弱気な発言をこちらや、私の周囲の人に嘆いていたりしましたが……ようやく合意でき、書面でのサインを交わし、今日、発表できることになりました。

これによりまして、現在進めています同本の翻訳ですが、現実的に本として製品化できることになりましたし、いままでご要望の多かった、カルトゥーシュを教えて! ってことも、できることになりました。
いままでなんで教えてくれないんだ! と言われたのですが、私が実占で見つけた法則を教えるにしても、翻訳権がないとマズイのです。
なので、私がケチで教えなかったのではなく、権利を持っていなかったため行えなかった、が正解ですので、誤解のありませんよう、よろしくです。

出版に関してですが、数社めぼしい所に当たってみましたが、くだけてしまいました。
このご時世ですし、しかも読み手をかなり限定するという理由で、いい返事は頂けませんでした。

残念ではありますが、私の好き勝手に作れるので良かったです。内容も一般向けに売れるように変更することもなく、そのまんまの訳書を出すことができるということですので、好き勝手行きたいと思います!! このため、一般流通は難しく、自費出版になりますので、単価もそれなりになるかと思います。しかし、中身は損をさせない良書にさせますし、カルトゥーシュ25年目の真実として、期待を裏切らない内容としますので、どうぞよろしくお願い致します。

私の好き勝手といたしまして、本の売り上げの一部を、どこか最適な所に寄付したいと思っています。今、考えているところは

財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン
(病気の子供を看病する親たちの宿泊する施設を全国で運営)

有限責任中間法人 more trees
(木を全国に植える事業を展開)

黒柳徹子氏
(氏の、世界の子供たちを助ける活動に寄与)

です。寄付をすることは、ホープ女史の提唱する、地球や宇宙との共有につながります。売り上げっていっても1万円になればすごいな、ってところですが、活動趣旨に賛成できる、誠実な所へ寄付をしたいと思っています。
もし、この趣旨が不満でしたら、英語版をお買いになってくださいませ。そちらには、寄付金は入れないで今後も販売していきます。

と、こんなところです。
さっさと翻訳しちゃいたいと思います。

そして、12月の半ばにでも、簡単カルトゥーシュ講座をやろうかな? と思っています。
4人ぐらいあつまればやります。時間は1~1.5時間ぐらい。場所は新宿か池袋周辺の貸会議室。料金は5000円程度。希望者はメールください。誰もいなかったりして。

セミナーは本を出した後、本格的にやります。そして、正しいカルトゥーシュを学ぶことで、自分や宇宙の原理を理解すると共に、混沌とした現代において自分の今後の生きる杖・バイブルになれば幸いです。また、プロのセラピストとしても活動できるような育成もしたいと思っています。
ここで注意ですが、セミナーに来なくても、カルトゥーシュで占うことはできます。時々、勝手に布教してます~ というメールを頂きますが、勝手になさって結構です。いまのところ特に規制はしません。黒田からカードを買えばOKです。ただし、カルトゥーシュカードに関する印刷物やウェブサイトを作ることはできません。私他、権利を所有する会社に接触します。この点注意して、楽しく布教くださいませ(m_m)

と、いうことで、今後ともカルトゥーシュカード並びに黒田を、宜しくお願い致します。

コメントを残す