地、シリウス 翻訳中

無難に2つ終了しています。
地は、原本ですと小腸なのですが、最新研究では肺なので、毎度のように最新のに合わせ、それに伴って以降の文章も書き直しているという親切をしています。
小腸を肺に直しましても、小さなところも大きなところも、全然影響ないと、私は思っていますし、直したほうが逆にしっくりくる文章に仕上がっています。と思います。
でも、地だけは無理があるかな? と思ったりして。
肺は空気を取り込む器官ですから、地よりもエアのカードがピッタリでは? と思いましたが、女史がそうだと言うなら、そうです。
酸素という身体にとって重要な栄養を地に置き換えてみましたが、さてどうでしょう?
シリウスですが、ここはエジプト文明にとって要ともなるカードですし、宇宙的な表現が多いので難航しました。
ちょっとシリウスで課題がありまして
“By their deeds shall ye know them,”
おそらく聖書が出典だろうと思われるのですが……
どなたかご存じの方、メールくださいませ。
いつも思うことですが、西洋魔術だけではなく、世界中の魔術や文化、伝承、はたまた東洋の医学や伝承に精通していることが、文章のあちらこちらにそれが伺えるので、女史は博学な方だなと尊敬しながら訳しています。
訳しているときの私の気持ちは、写経をしているような感覚に似ています。すごく集中力を要しますし、精神的にも洗われていくような気がします。
ちょっと英語がくどいですが(一説にウエールズの英語だからじゃないか?という意見がありますが)、後半頑張ります。

コメントを残す