衆議院選挙

昨日まで「先生、先生」と言われ、周囲の人から持ち上げられていた人が、一夜で一転するのを見ると、栄枯盛衰という言葉が浮かんでしまいます。

人は元々物を持って生まれてこない。
ある人は富み、ある人は貧しいが、食べ物はいつでもある。
去年は富める者も 今年は浮浪者となる。
(古代エジプトの言葉)

占星術では約7.5年のサイクルで、繁栄期と衰退期がやってきます。
繁栄しっぱなし、なんて人などいないのです。
衰退期に入るといままでの勢いが消えるので、次に訪れる繁栄期のために準備をするのです。

神様って本当にいて、いつも私たちを見ています。
そして、頑張っている人に手を貸してくれるのです。
でも、手を抜いたり、神頼みだけを期待してもダメなようです。
頑張らないと奇跡は起きないのです。

長い間我慢して準備をコツコツし、運にうまく乗ったのが民主党だったようです。
民主が勝つな、と予測はしていましたが、これだけ大勝となるとは思っていませんでした。
勝利したからには頑張ってもらわないと、ということで、そんな民主にぴったりの言葉を古代エジプトからご紹介しますと

もしおまえが人を指揮する指導者となるならば、
おまえの判断に誤りのないよう
あらゆる良き方法を探し求めよ。
-宰相 プタハヘテプ-

木星が逆行しているのが気になりますが……
「民主を選んだ」という国民の判断に誤りがないように、くれぐれもお願いしたいと思います。

コメントを残す