古代女王期の宝飾品を発見

MSNニュース 2009/03/11

 エジプト考古最高評議会は10日、エジプト南部ルクソールで、スペインの調査隊が古代エジプト第18王朝、ハトシェプスト女王(在位紀元前1503年ごろ-同1482年ごろ)治世下の財政官の墓から、複数の黄金のイヤリングと2つの輪型の宝飾品を発見したと発表した。
 財政官の墓は、古代エジプトの王の墓が集中する王家の谷やハトシェプスト女王葬祭殿など数々の遺跡があるナイル川西岸に位置している。考古最高評議会のザヒ・ハワス事務局長は、墓の中のミイラやひつぎなどは古代に盗掘されていたとの見方を示した。

ハトシェプスト女王に仕えていた人か……
カルトッシュカードが見つかるといいですね(笑
昔、私が二見の本の記述をまともに信じていた頃、有名な早稲田大学の近藤先生にカードの件を真顔でお聞きしたところ、「あはは~」と笑われました。あはは~

コメントを残す